眠い人の植民地日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗ってはいけない航空会社

<<   作成日時 : 2017/04/11 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は寒くて、先日折角取り外したオーバーのライナーを再び取り付け。
そのまま出掛けたら凍えていたところでしたが、矢張りライナー1枚あるのと無いのとでは大違いです。
そして、明日は再び気温が上昇するという、腰痛持ちにとってはここ最近悪夢の様な天候が続きます。

時に、今日のニュースで一番話題になっていたのがUnitedのオーバーブッキング問題。
日本の航空会社でも時たま起きますが、日本の場合は予約システムがそれなりにしっかりしているので、搭乗前にオーバーブッキングは判明してカウンターで協力するお客を募ります。
米国ほどではありませんが、謝礼は大体1万円が相場、日を跨ぐ様だと2万円が支払われるようです。
…そう言えば、LCCでは余り聞きませんね。
もし、起きたらどうするんだろう。

今回のは、乗客が機内に乗り込んだ後で、目的地まで向かう航空会社の乗務員を乗せようとして場所が無いのに気が付いたのがそもそもの発端ですから、正直、完全な航空会社のミスです。
にも関わらず、翌日の便に孔を開けたくないと言う事から、降りる乗客を募ったとか。
ところが、みんな座席に座ってしまっている訳ですから、そりゃ誰も降りたく有りませんわな。

話が脱線しますが、阪急電車の創業者である小林一三は、自社の電車に乗った時は絶対に座りませんでした。
それどころか、乗務員室に自ら入って案内とかも熟していたらしい。
もし、座席に座っている社員など見つけたならその社員は大目玉を食らったそうです。
あくまでも座席はお客様のもので有って社員のものでは無いと言う事ですね。
まぁ飛行機には立席はありませんが(しかし、冗談抜きで立席で運航しようとした航空会社はあったりする)。

結果的にコンピュータで無作為抽出された(と言う話の割に、選ばれたのがアジア系ばかりと言うのがまた物議を醸す)客に降りる様に説得します。
3人までは降りる事に同意しましたが、最後の客が医者でこの人も仕事の都合があるでしょうから、当然、これを拒否します。
ところが、Unitedは他の客を募ることをせずに彼を強制的に引きずり下ろすと言う暴挙に出ました。
そりゃ、航空会社の約款にはそうした場合の対応も書かれているので、すること自体は法的に問題は無いのかも知れませんが、あくまでも自発的な移動が前提で、引きずり下ろして良いとまでは書いていないでしょう。

しかも、昔は兎も角、現代はみんなが動画を撮影してアップする時代。
そうした暴挙は瞬く間に全米へ、そして世界へと拡がってしまいました。
暴行を受けた医師が中国系だと言う事で、中国本土ではUnitedのボイコットも呼びかけられているそうですし、これが全世界に拡大しそうな勢いです。

その上、火に油を注ぐ様に、UnitedのCEOが「乗客が悪い」と書いたメールが報道され、その炎上は留まるところを知りません。
あのパンナムですら倒産して消滅したのですから、Unitedもどうなるか判りません。
こうして見ると、上手く火消が出来ていない様に思えます。

Unitedで思い出したのが、以前、書店で『乗ってはいけない航空会社』という本。
買う気は更々ないので、立ち読みをしていたのですが、殆ど眉唾な内容。
そう言えば、この本を書いた人って、前に羽田空港で大韓航空機がエンジンから出火した際に、「大韓航空機は危ない」なんて煽っていた人だったわ。
そして、彼がその本で一番推していた航空会社が米系航空会社、特にUnitedでしたっけ(笑。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
乗ってはいけない航空会社 眠い人の植民地日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる