眠い人の植民地日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 機長たちのコックピット日記

<<   作成日時 : 2017/10/12 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日まで暑かったのに、明日から10度も気温が下がるとか。
ただでさえ、明日は憂鬱な会議が入っていると言うのに、天気もドンヨリとした雨模様、しかも寒いとなると、益々布団から出たくなくなると言うものです。

なので、今日はここ最近通勤の行き帰りに読んでいた本の紹介。
『機長たちのコックピット日記』(日本航空編/朝日文庫刊)

元々は日本航空の機内誌『AGORA』で連載されていた「コックピット日記」と言うエッセイを収録したものです。
この本、かなり古い本で、2010年の刊行ですから、丁度、JALが破綻した頃に出たもの。

従って、今では幻の日本航空の貨物便の話も出て来ますし、今は無き南米路線の話や、今となっては影も形も無くなったMD-90などの旧TDA/JASの機体、更に日本航空を代表する機体であったジャンボジェットの話などもコラムの中に出て来ます。

このコラムを執筆したパイロットの皆さんの中にも、リストラされて他の航空会社に転職した人もいるでしょうし、コックピットを降りて地上職に転属した人がいるかも知れません。
2010年以降、JALでは機材整理を断行して、従来から運航していたジャンボジェットやJASから移籍した種々雑多な機体を一掃し、B.777やB.767、そしてB.737へとフリートを統一していきましたから、まさにこのコラムに掲載されたお話は、古き良き時代のJALを象徴するものだった様に思えます。

今もこうした執筆は続いているのかも知れませんが、昔よりもパイロットの皆さんの業務は多くなり、相対的に時間に余裕が無くなっているのでは無いかと思ったりもします。
そんな中で執筆するのは大変なのでは無いでしょうか。

それにしても、僅か10年程前の本ですが、皆さん、文章が達者な方ばかりです。
だからこそ文庫に収録されたのかも知れませんが。


機長たちのコックピット日記 (朝日文庫)
朝日新聞出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機長たちのコックピット日記 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






機長たちのコックピット日記002便 (朝日文庫)
朝日新聞出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機長たちのコックピット日記002便 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

機長の一万日 コックピットの恐さと快感! (講談社+α文庫)
講談社
田口美貴夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機長の一万日 コックピットの恐さと快感! (講談社+α文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
機長たちのコックピット日記 眠い人の植民地日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる