眠い人の植民地日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 全国路線バス大百科2018

<<   作成日時 : 2018/03/12 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日はゆっくり写真の編集でも、と思って早めに帰ってきたのですが、雑事が多い上に、サブPCの上に微妙なバランスで置いてあったアルバムが引っ繰り返ったため、時ならぬリアル写真整理でした。
言うても、生写真の整理ですけどね。
中にはサイン入りのものもあったりして、ちょっとお得感。

さて、本日は本の紹介。

『全国路線バス大百科2018』(日本バス友の会監修:講談社刊)

講談社の系列が出している雑誌、『バスマガジン』の増刊として発刊されたもので、全国主要バス事業者が掲載されている図鑑的な資料ではあります。
ただ、昔、この会社が出していたバス図鑑に比べると写真が大きく、見やすくなり、且つ、見開き2ページに4社、即ち1ページに2社なので、かなり情報量は多くなりました。

しかし、主要バス事業者のみに特化したことにより、分社化された会社の動向は本文にちょろっと書いてあるだけ、また、地域の交通を担っているような小規模バス事業者は完全に蚊帳の外になってしまっています。
以前のような、1社の駒は小さいけれど、路線バス事業者総てが掲載されている形態の方が、趣味活動の手引きとしては好ましいのではないでしょうか。

日本バス友の会と言う団体と提携して、そちらに記事を書いて貰えば全国のバス事業者にデータシートを送ったりして、それを集約するよりも確かに労力は少なく済みますし、予算も余り掛からないかも知れませんが、ちょっと残念だなぁと思います。

それに、路線バス事業者だけで、高速バス事業者の方が全く触れられていないのも片手落ちです。
今の日本のバス事業者でかなり気を吐いているのは高速バスの方だと思うのですが。
これは別冊で取り上げるというのであれば、それはそれで良いのですが。

正直、コラムとか余計な記事を掲載するくらいなら、もう少し余白を割いて多くのバス事業者を取り上げて欲しかったなぁと言う思いがあります。

また、新旧塗装の比較が出来ますと書いている割には、キャプションが全く無いので、これが古い写真なのか、それとも古い車輌を今でも使っているのかと言うのが良く判らなかったです。
例えば、写真を4枚掲載するのなら、2枚は現在の代表的な塗装(観光バスも運行している事業者なら観光バスと路線バスの両方の写真、観光バスが無ければ、大型と小型の様な…)と以前の塗装(10年前、20年前など)があれば対比出来るし、情報量もより多くなると思ったのですが。

今回のはかなり久しぶりの刊行だったので期待したのですが、その分、落胆も大きかったりします。



路線バスの謎 思わず人に話したくなる「迷・珍雑学」大全 (イースト新書Q)
イースト・プレス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 路線バスの謎 思わず人に話したくなる「迷・珍雑学」大全 (イースト新書Q) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 京都?出雲大社編

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローカル路線バス乗り継ぎの旅 京都?出雲大社編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 御殿場~直江津編 [DVD]
Happinet

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローカル路線バス乗り継ぎの旅 御殿場~直江津編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
全国路線バス大百科2018 眠い人の植民地日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる