眠い人の植民地日記

アクセスカウンタ

zoom RSS VDT

<<   作成日時 : 2018/03/13 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は半日会議の資料を作成し、午後からの会議に備え、会議終了後はトラブル対応でドタバタしていました。
ただ、やっとこインターネット回線の整理が終わってほっと一息。
しかし、25日に仕事をしないといけなくなって、結局、長期休暇は取れず仕舞いになりそうです。

予定では21日から25日まで5日連続休暇を取るつもりだったのですが…。
そしたら、21日はららぽーと豊洲で某アイドルのリリイベに参戦し、夜行バスで名古屋に行って、22日か23日のどちらかで、県営名古屋にて12号機のお出迎え、セントレアでは航空局のCitationを撮影する事が出来たと言うのに…。
全く、スタッフ部門の我儘には困ったものです。
既に完成しているパッケージシステムのレスポンスを更に良くしろ、とは、何を無理言ってんだと言う感じ。

日本の会社のスタッフ部門は、自分の業務体系に合わせなければ仕事にならないと言う話をして、様々なカスタマイズをさせる訳ですが、そろそろ日本のスタッフ部門の仕様が尋常じゃない事に気がつくべきではないかなぁ。
欧米の会社のスタッフ部門は、自分たちの業務フローを、導入するパッケージに合わせる事で対応する訳で。
なので、柔軟に業務フローを変えられますし、そんなにカッチリ作り込む必要がありません。

何処かで読みましたが、そうして作り込んだシステムを維持する為に、システム部門は余計な仕事を背負い込み、その業務に従事する人達は、そうした仕事を既得権益として減らしたくないばかりに、スタッフ部門と組んで、新たなシステムの導入に反対する抵抗勢力になる、と。
勢い、古いシステムの継ぎ接ぎでの利用を続けることになり、仕様が見えなくなって完全にブラックボックス化、或いは担当者の属人化が進んで、こうした事に起因するトラブルは増えるし、担当者が辞めると一気に仕事が回らなくなる事になる、と。

日本企業の競争力の低下は、こんな所にも現れているような気がして成りません。

閑話休題。

昨日はVDT健診で名前が挙がっていることにすっかり気が付かず、部下の中の人が「名前がありましたよ」と言ってくれて気が付きました。
で、慌てて健診会場に行き、問診票を書いたのですが、裏側の問診部分を完全に書き忘れてしまいました。

握力は相変わらずの40kg台と男性にしては低い値。
視力については、矯正視力で0.8〜1.2と、まぁまぁの数値でした。
ただ、近くを見る能力が少し衰えてきています。

反面、ピント合わせは衰えたとは言え、相変わらず20〜30歳代の数値で、年齢よりもかなり若いと判定されたのでほっと一安心。

とは言え、最近近くを見るとボケるし、明るい背景に白い文字の様な歌詞カードを見ると、眼鏡を掛けていても全く見えません。
なので、老眼鏡を買うべきかどうか迷っていたりするのですが、医者の診断では、まだ買う必要が無いか、買うとしてもいきなり度数の高いものでは無く、低いもので慣れてきたら遠近両用を作れば良いでしょうと。
遠近の調整力が落ちていないので、そこまで神経質にならないでも良いらしい。

見えなければ、眼鏡を外して近くに寄せてみて下さいと言う話だったので、物は試しとやってみたら、これが意外によく見えたりします。
今迄、眼鏡を手放したことが無かったので、これだけでよく見えるようになったと言うのは意外でした。

まぁ、実年齢の調整力にまで落ちるには、未だ相当時間が掛かりそうなので、もう少し目を大事にしたいな、と思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
VDT 眠い人の植民地日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる