厄払い

画像


2月からこっち、サーバディスクの論理破壊に始まって、システムの不意な停止やら、ファイルの破壊やら、システムのバグやら花粉症やら何やらかんやら、色々あって、今なんか、オ○ム真理教とか、エ○バの証人みたいな宗教にコロリと嵌ってしまいそうなので、此処等で風を変えるべく、お祓いを受けに行ってきました。

と言うか、余りにこうしたトラブルが続くので、周りから「行け、いや、頼むから行ってくれ」と懇願された訳で…。

で、出たは良いのですが、のっけからバスが十数分遅延して、乗客が運転士を怒鳴りつけていると言う不穏な展開。
しかし、こうしてキレるのは大抵団塊の世代なんですよね。
この世代、もう少し謙虚にならんもんかねぇ。

JRの某駅から、何処の神社に行こうかと迷ったのですが、K口方面のバスが来なかったので、鷺宮神社は行くのを止めました(爆。
らき☆すたの絵馬を買って行って、鯖に掛けとこうと思ったのだが(ぉぃ。

K浜T北線のホームに上がると、丁度新車のE233系が来たのでこれに飛び乗り、川崎大師に行こうと思いましたが、そう言えば209系がそろそろやばいから、真面な写真を撮らないといかんなぁ、と思って、撮影出来そうな駅を探したのですが、結局、川崎駅まで来ても、撮れる駅が無く、遂に横浜まで乗り通してしまいました。
丁度同じ頃、巣鴨駅で人身事故があって山手線がストップ。
影響を受けて、K浜T北線も遅れ出します。
結局、7分遅れで横浜着。

此処で、209系をちょっとだけ撮影した訳ですが、矢張り人が多すぎてロケーション的にはいまいちだったので、大船まで脚を伸ばそう、其処まで行くのなら、鎌倉まで行こうと思って、快速アクティーに飛び乗りました。

大船に着いた訳ですが、これまたロケーションが悪く、撮影は断念。
横浜~大船の間の何処かに再び出かけるしか無いようです。
しかも、E233系には悉く嫌われるし(ぁぅ。

鎌倉は凄い人波でした。
丁度、桜が満開でしたので、その桜を見ようというので、ごった返していました。
鎌倉駅では、丁度臨時の貸切183系国鉄色が有ったので、それを撮影し、いざ、鎌倉!

と言っても、鶴岡八幡宮に行ってきただけですが…。
鶴岡八幡宮では、丁度、神前結婚式をやっていて、羽織袴姿の新郎さんと、白無垢姿の新婦さんを彼方此方で見かけました。
そう言えば、今日は大安吉日だったんでしたっけ。
しっかし、あれで成田離婚とかしたら洒落にならんなと思いつつ、祈祷の受付所へ。

祈祷は極めてシステマチックに行われ、お祓いも無事に受けられました。
帰りに御札を受取った訳ですが、直前に並んでいた人の御札が無かったりして(ぉ。
係の人が慌てて社務所に行って、御札を作ってきたのですが、皆さんと共に祈祷を受けた御札ではなかった訳で、その人、「きちんとお祓いをしたものでしょうね!」などと熱心に聞いていました。

そりゃ、神前で正式な手続きに則ってお祓いを受けたのか、簡略化しただけかで効能が違ってくる様に思えますしね。

私の方はと言えば、無事、其処に御札がありましたし、後、御神酒も受取って、お祓いは完了しました。

で、お祓いの効能は、と言いますと…。

帰りに寄った蕎麦屋で蕎麦を食べて、最後のお茶の一杯を飲んでいた時に、気管にお茶が入って、鼻からお茶を出す様な事態になって、思い切り噎せまくったり、湘南新宿ラインでグリーン車を奮発して随分前から並んでいたのに、後から来た団塊世代のオバハンにイチャモン付けられたり、帰ってから花粉症が酷くなったりした訳ですが、これってお祓いが効いているのかなぁ。

確かに、窒息して蕎麦屋で命を落とさなかった訳だし、オバハンの代わりに、ドスで刺されて死ななかった訳だし、インフルエンザの代わりに花粉症が発症しただけで、死に至った訳でもなく…。
取り敢ず、災難が一等減じられていると前向きに考えておこう。

それにしても、嚔と鼻水が止らないですらよ(ズズー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック