恐怖心

画像

で、昨日の続き。

一昨日、名古屋に行ってきた訳ですが、帰りはケチって高速バスを利用しました。
予定ではJRバスの3列シートバスを利用する予定だったのですが、そのバスが、名鉄バスセンターから出るものだと思ったのが、私の浅はかさ。
目に付いた「新宿行き」の札を見て、此処から発車するもんだとばかり思い込み、チケットを購入しました。
幸い、座席が空いていた様で、予約無しの飛び込みでも席を確保出来ました。

で、発車まで30分程度あったので、お土産を買おうと右往左往して、帰ってきて改めてチケットを見て…???…。

「おかしい。JRの新宿行きは確か3列シートのバスだったはず…何故、私の席はD席なんだ?」

発車場を改めてみてみると、其処には青い車体のバスはおらず、4列シートの赤い車体のバスだったりします。
車体には、「KEI○」と書いてありました。
そうです。
私は、JRバスのチケットを買ったつもりで、「KEI○」のチケットを買ったという大笑いなことをしてしまった訳で。

慌てて時刻検索をしてみると、JRの新宿行きは既に出た後…後の祭とはまぁ、こんな事を言うのかも知れません。

ま、行く場所に変わりはないじゃなし…それに時間的にもそんなに変わりないはず。
取り敢ず、バスに乗り込む事にします。

毎回、私が乗る高速バスは、最新型だった験しが無く、廃車5分前から下手すれば10秒前と言う様な古手のバスで有る事が多いのですが、今回も御多分に洩れず、余り新しいバスじゃありませんでした。
車内の行先表示は一応液晶モニターなのですが、表示が常時為されるものではなく、接触不良なのか思い出した様に付いたり消えたりする代物です。

…それは扨措き、時間が来たのでバスは発車します。

しかし、液晶モニターの表示は矢張りおかしく、何時もは常時出ているのに、このバスに限っては上手く表示されていません。
それ以外は、バスの不具合はなく、夕方の渋滞で難渋しながら、何とか名古屋を抜け、愛知を出て岐阜に入り、岐阜県で最初の休憩を行いました。
此処までは時刻通り走れています。

で、此処で事件が!
10分間休憩だったので、戻ってきたら、運転手から報告がありました。
休憩場所1個手前のバス停を通り過ぎてしまったと言うもの(ぉ。
其処にお客さんが待っていたそうで、後続のバスに乗って休憩場所まで来るので待って欲しいとのことでした。

しゃあないなぁ、と思いつつ、それからジリジリしながら待つ事10分。
未だ後続のバスはやって来ません。
てか、この新宿行きのバス、早朝と夕方の2便しかない訳で、一体どのバスが運んでくるんだろうと思って居ると、再び運転手さん曰く、「一旦戻ってお客様をお乗せします」…(^◇^;)
てな訳で、一つ先のインターで降りて、再び名古屋方面の路線に乗り、通過したバス停まで戻った訳で…。
ま、バス停を通過してバックで戻った訳じゃないけどねぇ。

この時点で、既に50分遅れ。
で、発車した後、休憩場所に寄るかどうか乗り込んだお客さんに聞きました。
停留所とは言え、インターの下で便所とか売店とかも離れた所にある場所なので、お客も少しはKYと思ったりしたのですが、休憩場所に寄れとの事だったので、運転手も断れず、一旦休憩場所に再び戻り、結果、1時間遅れで発車と言う事に相成った訳です。

そこからが凄かった。

普通、バスとかだと、坂を登る時は登坂車線に寄って、後から来る車どうぞ、てな感じの走り方なのですが、このバスに限っては、常にエンジン全開で追越し車線を使いまくり、走行車線に戻る事は殆ど無かったり。
そんな感じで、トラックをぶち抜いていったのですが、乗客的には何時事故を起こすか、或いはエンジンがオーバーヒートを起こすか、気が気ではありませんでした。

流石に4輪ドリフト走行までした訳ではないですがね。

結局、数カ所で10分の休憩を挟みながら、何とか新宿まで走りきり、1時間の遅れが30分程度にまで縮まっていました。
こちらの寿命も些か縮まりましたが…。

新宿に着くと、運転主任らしき人が出て来て一向謝っていましたし、運転手も、平身低頭していましたので、余り責める気はありませんが、出来れば、人間のミスを無くすシステムを作った方が良いんじゃないのかなぁと思ってみたりします。
今回のだって、バス停のモニターがきちんと表示されていれば、運転手さんもバス停を飛ばすなんて言うミスを犯さなかったでしょうし、カーナビの仕組みを用いて運行管理出来ていれば、ミスに早く気がつくと思うのですが…。
運転手との連絡手段が、運転手が持っている携帯電話のみと言うのは、何だかなぁ、と思うのです。

ツアーバスじゃなくて、正規の路線運行事業者なのですから、それくらいの投資はすべきだし、それくらいの補助は国土交通省も出す事を考えても良いのではありますまいか。

とは言え、私としては、当面KEI○のバスは使わないでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック