北陸きときとツアー

画像

今日から北陸旅行です。

残念ながらコンパクトフラッシュカードのコピーが出来ないので、写真は無いですが…。

今朝は早起きして、ラッシュに揉まれつつ大宮へ。
そして、大宮からMaxときに乗り一路越後湯沢に…。
前回、越後湯沢に行ったときは、ぼけてあそこに電車を乗り過ごしてしまいましたが、今度はそんなことは無く、無事、列車に乗ることが出来ました。

そして、越後湯沢からほくほく線の特急に乗り込みます。
いつも私が乗り込むときはJR西日本のぼろい485系や東日本のなんちゃって新車の485系3000番台なのですが、今日は西日本の681系に当たりました…でも、どうせなら683に乗りたかった。

新幹線から乗り継ぐと特急券が半額になるので、グリーン車を驕ってみました。
グリーン券を買っても大体正規の指定席特急券くらいですから…。
今日は満席とのことだったのですが、私の周りの座席は誰も乗っておらず、何じゃこりゃ状態。

ふかふかのシートに深く腰掛け、うとうとしているうちにあっと言う間に富山に到着します。

富山から久々の地鉄線へ。
ちょうど来たのが元西武のレッドアロー。
以前は、1時間に2本弱だったのに、ダイヤ改正したからか、入れ替り立ち替り電車が来ます。

ちょうど来た電車に乗って、稲荷町の車庫へ。
そこで駅撮りを少しだけして、改札を出て切符を買ったつもりが、トイレから出たら切符がない。
富山地鉄は何度もこんなことに遭遇します。
結局、ポケットから切符は出てきましたが。

こうして、南富山に抜けて今度は市街電車で富山駅前に戻り、地下道を抜けて昔の富山港線、今はトラムになっている富山ライトレールへ初乗車です。
前の富山港線の時はうらぶれた感じの路線で乗る気がしなかったのですが、今は雰囲気も明るく、電車も15分に1本走っており、お客が鈴なりです。
上下分離しているので、黒字も計上しているそうで、地域交通の優等生の部類に入っています。
岩瀬という北国船の港町をうまく生かした観光も上手く取り込んだからかも知れません。

終点の岩瀬浜から事前に調べていた富山県営渡船に乗るつもりだったのですが、此処で失敗。
渡船に行くバスは、土曜休日しか運行していなかったり。
仕方ないので、タクシーでそこまで行ったのですが、運転手も知らない渡船乗り場で、大回りして危うく乗り損なうところでした。
前はわかりやすいところにあった渡船乗り場も、橋の工事が始まって、足蹴にされてしまっている様です。
この橋が出来てしまうと、無料渡船は廃止されます。
どうせなら、トラムを通せば良いと思うのは私だけでしょうか。

5分の船旅を終えて対岸に渡ると、ちょうど万葉線がやってきました。
こちらも、何時の間にかトラムに変わっていて、従来の車両は1編成しか運行していません。
前に乗った時は場末感漂っていたのに、塗装もハイカラになっていて、洒脱な都会の香りが漂っていました。
今日は、高岡はお祭りで、人が多くてベタ遅れ。

御陰で飯を食べた後で、もう1本トラムを撮る事が出来ました。
高岡でちょっと駅撮りして、普通に乗って津幡に出て、切符のはみ出し区間を別途購入して、いざ、能登半島へ。
能登かわいいよ、能登(ぉ。

前に能登に来たときは、特急で来て、帰りはディーゼル急行だったので、初めて485系を福知山線とか山陰線に転用したときに浮いた交直両用機器を乗っけたお手軽改造の113系改造415系普通電車に乗りました。
座席が結構良い(昔は電車急行に使われたそうな)のにびっくり。

それでも3両編成では学生でベタ混みで大変でしたが…。

夕暮れ迫る七尾で日が落ちる前に最後の一枚でのと鉄道の車両を撮って、本日終了。
今日の晩ご飯は、朝捕れの刺身定食でした。
まぁ、一応、新鮮だからよしとしましょうか。

明日は、のと鉄道を攻めて、北陸鉄道に突撃してきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック