あと一歩のところで失敗しそう(ぉ

画像

画像

画像

画像

今日は、のと鉄道でちょっくらリヴェンジして、北陸鉄道の撮影行をし、えちぜん鉄道詣でをして、福井で締めようと思ったのですが、今日の携帯の占いで、こうありました。
「あと一歩のところで失敗しそう。今日は最後まで気を抜かないように集中することが大切です。」

朝、もう1時間遅寝をするかどうするか決めかねていましたが、朝ご飯食べて戻ってきたら、ちょっと小走りであれば、のと鉄道に間に合う時刻。

と言うことで、慌ててホテルを出て、七尾駅へ。
七尾から無事、車上の人となって、一路、終点穴水に行く予定でしたが、気が変わって途中の能登中島で途中下車。
此処には日本中此処ともう1カ所しか無い、郵便車が展示されているのと、初めて、そして最後に乗った際に乗れ無かった急行用気動車のなれの果てが展示されていたからです。
当時、奮発して急行「のと恋路」号に乗ろうとしたのですが、ちょうど団体客が乗っていた御陰で、その急行形気動車に乗れず、一般車にすし詰めとなっていた恨みが沸々とわいていた訳で(笑。
その後、こんなお金を払ってくれる一般客を蔑ろにしていたら、この路線の将来はない、と書いていたら、本当に、珠洲までの路線が廃止され、輪島までの路線が廃止され、現在、何とか穴水と七尾の間の短い区間だけで青息吐息の生活をしていたり(苦笑。

その恨み晴らさでおくべきか!
と言うことで、昔の「のと恋路」号に対面してきました。
これに乗れなかったから、未だに独身なんだ!!!!111なんつったりして…。

引退して数年余にしては状態は良いものの、矢張り風雨にさらされるとあちこち剥げてきていますね。
本当は、郵便車共々、屋根付きの場所に入れるのが良いのでしょうが…。

ご対面を済ませて、帰りの列車まで半時間程度、鶯の声に聞き惚れ、熊ん蜂の襲撃に恐怖し、藤と八重桜と皐の群れを愛でていました。

帰りは時間の都合で特急に乗ります。
と言うか、北陸路は特急を駆使しないと普通では時間が掛かりすぎてしまいます。
それにしても、富山と石川は普通電車が未だに国鉄時代のお古を引きずっていますね。
金沢に着いたときはボンネットの485系が走っていてびっくりしました。
あと、福井では旧交直両用急行色の475系とか、富山では国鉄急行色のキハ58系と、レトロも大概にせえよと小一時間(以下略。

金沢からは北陸鉄道と言う大仰な名前の私鉄に乗ります。
私が前に乗ったときは、金沢駅は未だ地上でしたが、「北陸初の地下鉄」となりました…と言っても地下区間は金沢からほんの少しの区間ですが…。
前は駅から出て右手にあったのに、地下区間は左手、もしかして勘違いしていただけかも知れませんが。
慌てて戻ると何とか間に合いました。

そこから海の近く、内灘と言う場所まで乗り通しますが、手前で川を渡ります。
これが結構風情のある鉄橋で、車庫を見聞した後、折り返しの電車で鉄橋の手前にある粟ヶ崎と言う駅で途中下車。
鉄橋を渡る電車を写していました。
良い天気でしたし、順光でしたので良い写真が撮れた…と思いたい。

帰りはその折り返し電車に乗って、金沢に戻ります。

金沢からは1駅だけ普通に乗って西金沢へ。
此処を出ると、北陸鉄道石川線の新西金沢に到着します。
此処も、車庫のある鶴来まで行ったのですが、駅が20数カ所もある割には半時間弱で着いてしまいました。
次の電車まで、半時間…。
と言うことで、車庫をぐるっと一回りして、歩道橋を渡り、写真を撮りつつ、別の踏切から駅舎の方に戻ろうと思ったのですが、いつまで経っても踏切が見つかりません。
やっと見つけた踏切を渡るためには、さらに向こうまでテクテク歩いていかなければならず、とてもじゃないけど30分でたどり着くのは不可能と見て、勇気ある撤退!

御陰で、何とか電車には間に合いました。

西金沢に戻って、再び車中の人となって、小松で特急に乗り換え、福井に行きます。
福井から京福福井改めえちぜん鉄道に乗ろうとしましたが、乗り換え時間5分、間に合うか!
改札には券売機がなく、おばちゃんの手売り…一日乗車券を買えば、得だ!
…滑り込みセーフでした。

久々に三国港まで行こうかなと漠然と思って(田原町から福井鉄道に乗るつもりでもあった)、ふと見ると、「えち鉄レディー」が乗る電車でした。
「えちぜん鉄道」に親しみを持って利用して貰おうと、車掌の代わりに乗るのですが、かゆいところに手が届く対応をしてくれるので、結構評判が高いようです。
御陰で、リピーターも多くて、それなりの利用率になっています…尤も、元々2両編成だった電車を単行に変えたのもありますが…。
それにしても、阪神の牙城だったえちぜん鉄道の車両は、今や愛知環状鉄道のお古にほぼ完全に置き換わってしまい、阪神電車の車体は滅多に見ることが出来ませんが…。

乗った電車はえち鉄で1編成しかないレアもの、それに1往復乗り、福井口で降りると、今度は数少ない阪神車体の単行電車がやってきました。
この調子であるいは…と期待したのですが、残念ながら後は愛知環状鉄道のお古ばかり。

日没も迫ってきましたし、田原町まで行って、福井鉄道を撮影することになりました…。
しかし、「あと一歩のところで…」の法則発動。
田原町の一歩手前の西別院を出発する際に、前方に赤色回転鐙が見え、電車は出発できません。
何と、線路から煙が出て消防車出動(ぉ。

本当にあと一駅なんですが、見事に足止めを食らってしまい、結局、現場検証も含め半時間そこに足止めされました。
明日の車両運用に支障を来さねば良いのですけどね。

今日は結局間に幾許かの暇があった割には、食べ物屋はおろかコンビニすらないところで、昼飯抜き。
今晩は、10ウン年前、テキ6運転の前の日に食べたのと同じ駅前の定食屋で、お作りと福井めーぶつ「ソースカツ丼+越前そば」でした。
う~みゅ、越前もそば文化だったか…。
やっぱ、美味しかったけどね。

明日は、福井鉄道を攻めて、滋賀を抜け、京都に行ってきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック