5月1日の行程をトレースしてみるムーヴメント

今日は、5月1~2日の旅行中に撮り溜めた画像を張って、手抜きをしようと言うケチクサイ話(笑。

5月1日の1枚目は、大宮工場の入換え機DE11から。
画像

越後湯沢からは、久々のグリーン車でのんびり、ゆったり富山へ。
それにしても、681系で良かった。
485系だと目も当てられない。
画像

富山に着いて1枚目は、これまた国鉄色のキハ58系。
画像

おわら風の盆塗装のキハ120なんぞを撮って駅の外へ。
画像


富山地鉄を再訪すると、西武レッドアローの成れの果て16010系が…。
前は3両編成でしたが、2両編成になるとちょっと間が抜けるような気がします。
画像

隣の駅だし、どうせ特急に乗っても仕方ないので、華麗にスルーして14770系の普通電車へ。
画像

駅舎の隣が車庫なので、12121号機を始め、駅舎の中から撮れるものをパシャパシャ撮ってみたり。
画像

んでもって、地鉄最古参の電車…とは言え、大体半世紀は経っていない14720系に乗車。
因みに、地鉄の電車は、モーターの馬力数を頭に持ってくる為、インフレ番号となっています。
画像


南富山で市内電車に乗って折返し。
夜になると、上の広告の廻りに付いたフラッシュが点灯して、何か場末のキャバレーに来たような感じが…。
画像

富山駅前に着き、地下道を抜けて北口へ向かうと富山ライトレールの0600系が…。
画像

これに乗って岩瀬浜まで行って、フェリーに乗ろうとしてオオボケをこいた私です。

まぁ、そんなこんなでフェリーには乗れましたが…。
因みに、料金は橋の代わりなのでタダ…とは言うものの、橋が出来ると通行料金はどうやら有料の様だし、自動車しか渡れません…。
画像


対岸に渡るとこんな電車が待っていました。
富山ライトレールとほぼ同型車の万葉線1000形。
導入に際して機械的な故障やら脱線やらで苦労したからこそ、富山ライトレールの方がすんなり導入出来たと言われています。
画像

遠目、フェラーリとかに似ていなくもない(笑。

高岡ではちょっと駅撮り。
高岡と言えば、藤子不二雄の出身地でもあり、忍者ハットリくん塗装のディーゼルカーが運転されています。
画像

序でに、トワイライトエキスプレスを撮ってみたり。
画像


高岡からは413系電車に乗って一路津幡へ。
413系電車は末期国鉄の産物で、急行が整理され、不要になった急行専用車を廃車、足回りの機器を流用して、近郊区間の車体と組み合わせた廃車再生品です。
画像

まだ急行もあったので、当時は完全に入れ替えが出来なかったのですが、JR移行時に急行は淘汰されてしまい、それらの電車は格下げされて普通電車に利用されています。
そう言う意味では、結構恵まれているのか(ぉ。
画像


津幡で乗り換えて、七尾線の415系電車を待ちます。
これは七尾線を電化した際、交直両用の普通電車が必要になり、当時、福知山線で221系を投入して余った113系を転用し、交直両用機器は福知山線などを電化して特急を新設する際に、北陸で余った485系から機器を取り外して直流特急とした時に発生した機器を流用すると言う、安上がり車輌です。
当時はこれを急行にしていたりした訳で…流石に近年行われた電化ではこうした事はしていません。
画像

何はともあれ、七尾に到着して、1日目は投了です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック