続・尻拭い

画像

今日こそ早く帰ろうと心に決めていたのに、またトラブルでこんな時間。
トホホ。

てことで、今日も北の某大国に関する話は書けず仕舞いなのでした。

取り敢ず、今日はかんべむさし氏の『ミラクル三年、柿八年』を読了。
久々にまともに小説を読んだ気がする。

ラジオ大阪でずっと続けていた「むさし・くに子の朝はミラクル」と言う番組の内輪話が中心の私小説。
かんべさんと言えば、私の学生時代はスラップスティックSFの大家として名を馳せていたのに、いつの間に路線を転換したんやろ、と言うくらい180度違った作風で、些か面食らってみたり。

流石に老練な作家らしく、途中途中に番組のシーンを織り込みながら、軽快な筆致で、どうやってラジオ番組が作られていっているのか、その課題は何なのか、その周辺に出て来るパーソナリティの相方は元より、AD、ディレクター、プロデューサーなどの人物描写や、その心理描写に分け入っての書き込み、更に、ラジオが現在置かれている状況を、広告業界で現役の先輩を狂言回しにして語らせているのは、素晴らしい。

いながらにして、ラジオの課題と展望を目の前に見せている様なもので、以前、とある番組構成作家が『ラヂオの時間』だったか、そうした演劇というか映画を作っていたけれど、それとはまた別なある意味重厚な作品になっている様な気がする。

合わなければかったるい文章だけれども、前にかんべ作品に触れていたので、さくさく読めたです。

てな訳で、お茶を濁して、また明日…。

な~んとなく、明日も会議が紛糾して、遅くなりそうな予感だし…orz。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック