修理するなり

画像

昨日おかしくなったタブレット。
取り敢ず、購入先に持って行ったら、あっさり修理と言う事になりました。
まぁ、保証はあと4ヶ月なので、次おかしくなったら、下取りに出して新しいものを購入した方が安いような気がする。
しかし、前回は色々とチェックしたのに、今回は修理の受付窓口に特化した感じで、事象も何も確認しませんでした。
窓口で適当に動かして治ったらめっけものだと思ったのですが、残念です。

で、Cherry Trailにしようかどうしようかちっと迷ったのですが、体感したところではそんなに変わり映えしない事が判ったので、購入は思い留まりました。
ま、僅か8インチのタブレットの画面で、色々するには恐らく荷が克ちすぎているのでは無いか、そんな気がした訳で。

それを買うくらいなら、メインパソコンの更新をした方が建設的では無いかと思ったりもしています。
折しも、3D Markの最新版が出ていまして、今のメイン機でテストをしてみました。
予想通り、めっちゃ低いスコアで2,700程度。
まぁ、7年前発売のi7 870が未だ現役だったりするので、今の最新世代と比べると処理速度は凡そ3分の1程度です。
グラフィックボードとて、5年前に購入したRadeon HD7700なので、Geforceの最新版に比べるとまだまだ劣ります。
なので、3D Markの比較をしてみると、2013年のゲーム用ノートパソコンに劣る代物です。
最新の4Kゲームマシンに比べると、約6~7分の1の性能(苦笑。

取り敢ず、ゲームを常時する訳では無いので、そんなに性能が必要では無いのですが、幾夏を超えてきた代物なので、そろそろコンデンサがヤバくなってきているような気もしています。
それよりも、AMD環境のサブPCも、10年以上選手なので入替が必要ですが、こちらはあくまでもバックアップ環境なのでそんなに高性能の環境は必要なかったりします。
ただ、起動は早いものの、サービスインまでにかなりの時間が掛るので、こちらも遠からず見直さないといけないのですが…。

メインPCについては、Radeon R480が出回るまで待ってから、CPUをi5かi7の下位バージョンにして、Motherboardを対応のものに、DDR4メモリー環境で64bitOSに入れ替えるか、今のまま32bitで行くか、今夏ちょっと悩む事にしようか、と。

しかし、拡張性に目を瞑れば、今だとデスクトップPCを買った方が安い部分もあるので悩みどころではあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック