束の間の復活

画像

今日は色々アップデートの日。
御陰で会社全体のネットワークが重くて仕方ない。
Adobeも、何も同じ日に合わせなくても良いのに…。

で、サブPCの話。
先日まで、御機嫌で動いていたのですが、昨日から急にシャットダウンする事象が始まりました。
例のエアフローの問題かな、と思って、PCケースの蓋を開けてみたのですが同じ様に不意にシャットダウンするのは変わらず、段々時間が短くなっている。

ふと思い立って、CPU温度を見てみると、案の定88℃に達していました。
そして、直ぐに90℃を超えてシャットダウン。

どうやら、今まで使っていた純正CPUクーラーを掃除して、再度密着させたのですが、再びCPUとクーラーとの間が剥離してしまい、十分に冷えなくなった様です。

こりゃ、横に寝かしてCPUを密着させるようにするか、熱伝導シートを買ってきて取り付け、CPUクーラーとの間を粘着させるくらいしか方法がありません。

それにしても、IntelのCPUは非常にタフですね。
これだけ高温になっても、再度起動出来るのですから…。
AMDだとこうは行きません。

横に寝かしても良いけれど、棚の中にもう1つ棚を作って、パソコンの上を跨ぐようにしないと、種々雑多なCDやPCソフト類が収納出来ません。
然りとて、立てたら起動しなくなる。
いやはや困ったものです。
一応、熱伝導シートと新品CPUクーラーの組合せで対応してみますがどうなることやら…。

しかし、折角起動したのにまた元に戻るとは、本当に束の間の復活でしたねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック