83%

画像

昨晩は、震度3の地震が来たかと思ったら、次に土砂降りの雨がやって来て、最後の留めに落雷が近くにあったらしい。
流石に、100mm以上の雨では無かったのですが、その時は82mmの雨が降っていて、朝起きたら家の前は案の定落ち葉とかが結構溜っていたりします。
何しろ、勾配の谷間になっている家なので…。

今朝は雨が降りそうで降らない天気で、何とか1日過ごせました。
と言っても、昨日も土砂降りの雨になると言う天気予報で、大きな傘を持っていったのに結局使わず仕舞いだったりしたのですが…。

そんな訳で、今日はWindows10のAnniversary Updateがやって来た日です。
とは言え、我が家のパソコンのうち、今年作成したCorei7のメイン機のみにしかダウンロードが為されていなかった訳で。
取り敢ず、ダウンロードを済ませて、インストール準備まではすんなり行きました。
ところが、風呂から上がったら1回目の再起動。
晩ご飯を食べたら、83%まで進んでいて、「お、こりゃ毎度のアップデートに比べれば早いなぁ」と思っていたのも束の間、そのまま黙りになってしまいました。

これは、ハングアップ?
このまま行けば今晩は何も出来ないお…と言う事で、愚かにもリセットボタンをポチッとな。

確かに再起動はしましたが、一端83%まで行ったシステム更新は全部吹っ飛び、システムの復元で元に戻ってしまいました。
その上、裏で再びアップデータが動いていたらしく、再度モジュールのインストールが出来るかどうか怪しい状態です。
「再起動しろ」というメッセージが出たもんね。
これで再起動したら、また最初からインストールし直しになって、何も出来なくなってしまうのでは無いだろうか、それは願い下げだし、メインPCで色々作業をするつもりだったので取り敢ずはリブートせずに、やることだけやってしまい、今晩中にアップデートが出来れば遣ってしまおうか、と思っています。

それにしても、そのソフトでもそうですが、終わりかけになってからのインジケータの動きが遅いったらありゃしません。
コアはSkylakeのi7で、メモリーも16GB積んでいるので、かなり性能は良いはずですが、それでも1時間以上経過しても更新が出来ませんでした。

こうした状態では同じCorei7でも数年前のサブPCとかノートPCはどれくらい更新二時間がかかるのか、検討も付きません。
だから、まだダウンロードの順番が回ってこないのかも。

最新のCPUを使っているユーザは、Microsoftにとって良いモルモットなのかも知れませんな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック