鉄修業

画像

今日は休日出勤。
一通り終わったものの、1年半ほどパッチを適用していなかった鯖にパッチを適用しようとして、8時間経っても終わらず断念しました。
取り敢ず、来月から纏めて配信が開始されるので、それに賭けようかと思っています。
恐らく、来月の第4日曜はコンサートも何も無いはずなので…忘れて成田詣でに出掛ける可能性が無くは無い。

そう言えば、13日と14日にFinnairのA.350-900顔見世興行があるのですよね。
折角代休を得たので、金曜にでも撮影しに行こうかなぁ。

さて、今日は今月の鉄活動の釣果を貼り付けてみる。
と言っても、JR北海道の苫小牧駅での駅撮りと、大分駅での駅撮りだけ。
しかも、大分は親に気兼ねしたので、撮影は最小限で終わりました。
黄色い気動車などもう少し撮影したいのはあったのですが、大分は再訪したときにでも撮影しよう。
空港の撮影環境が頗る悪いので、恐らく次回来ても空港で日がな一日過ごすことは無さそうだし(皮肉)。

でもって、今回の旅行ではラクテンチに行くのも諦めました。
ラクテンチは、大分唯一の私鉄であるケーブルカーが走っていたのですが、流石に親を連れて行って帰っては…。

て事で、今月の鉄活動。

JR北海道のキハ143系100番代。
画像
以前、学園都市線で用いられていた客車改造気動車を置き換えるために投入されたもので、札幌時代もちょくちょく撮影していたのですが、学園都市線が電化されたので、苫小牧に都落ち。
但し、そのうち数両はJR東日本に譲渡され、蒸気機関車の客車として用いられると共に、それを回送する為の動力車として用いられているそうです。

更に奥には日高線専用のキハ40系が留置されていたのですが、日高線が災害により不通状態なので、お休みしていました。

同じくキハ150系100番代。
画像
キハ110系を寒冷地仕様とした型だそうで、100番代は非冷房。

キハ40系1700番代。
画像
寒冷地仕様の700番代を改造した近代化改修仕様。
北海道いさりび鉄道にも譲渡されています。
大体、北海道と言えばキハ40系700番代で、写真も一番多かったりします。

731系。
画像
実は苫小牧から千歳に行く普通列車の前方は新型の733系だったのですが、何故か733系に乗ってしまったという…orz。
これは何回も撮影しているのに何を血迷ったか…。

続いてJR九州。

415系100番代。
画像
JR東日本管内に住んでいる人間からすれば、すごい懐かしい車輌。
元々小倉で使われていたのに、今年3月に新車投入で押し出され、大分区に転入したもの。

883系0番代(3次車)。
画像
以前は前頭部だけがメタリックブルーで、先頭部は様々な色で塗り分けられていたのですが、此の時には夜しか撮影出来ず、解像度の低いカメラと相俟って、中々綺麗な写真が撮影出来ていませんでした。
今回やっと撮影出来たのですが、リニューアルされて全面濃いメタリックブルーとなってしまったので、その違いが分らなくなっています。
因みに、何次車かは前頭部の鼻の部分で見分けるらしいですが、よく見ないと判らないですね。

そんな訳で、今月も余り鉄活動が出来ていません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック