沖縄の翼、大研究! 日本トランスオーシャン航空

画像

上のようなタイトルなのに、画像はVanilla Airと言うのはチグハグですが(苦笑。

今日は、ここ最近、通勤の行き帰りに読んでいた本の紹介。

『沖縄の翼、大研究! 日本トランスオーシャン航空』(月刊エアライン編/イカロス出版刊)

日本の定期便航空会社は殆ど搭乗していますが、JTAとその子会社であるRACだけは未だ搭乗したことがありません。
今年は沖縄に行く予定が無いと思われますので、両社は暫く御預けとなりそうです。

1967年5月20日、米国施政権下で運航していたCATやAir Americaが撤退した後、沖縄民族資本とJALが出資して南西航空が設立されて今年で約50年、1993年7月1日に南西航空から日本トランスオーシャン航空となって約25年の記念すべき年なので、余り大きな航空会社とは言えない日本トランスオーシャン航空のムック本が出版されました。

この本は、日本トランスオーシャン航空と、その子会社で県内生活路線を運行している琉球エアコミュータの設立から現在までのフリート、発展の歴史、就航ルートの一覧、そして、南西航空から現在に至るまでの機内誌、時刻表、その他グッズ類の紹介など、この1冊を見ればJTAとRACの総てが判ると言う百科事典的な本になっています。

編集が老舗の民間航空専門雑誌である『月刊エアライン』である事からも、同誌が今迄報じてきた記事、掲載された写真をふんだんに使っていますし、ほぼオールカラーと言うのも力が入っている感じです。
まぁ、普通の本サイズではありますが、恐らくこの会社だけを紹介する本と言うのは記憶にないので、そう言う意味でも貴重な本だと思います。

これを皮切りに、ANA Wings、JAC、HAC、新中央航空辺りも同様なムック本を出してくれると嬉しいのですが。
色々とネタはありそうですからね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック