24時間営業

画像

昨日同様、体調不良で今日もお休み。
大分、復活したので明日は行けるかな。

時に、今日ニュースを見ていたら、7-11のオーナーが24時間営業をしなかったのは、規約に違反するから違約金を支払え、フランチャイズ契約も破棄するぞ等と言う事を通告されたという項目がありました。
正直、7-11なんてそれこそ、1ブロックに1店出店している位なのですから、そのうちの1店が24時間営業していなくても別に客は困りはしないでしょう。
何時もの店が閉まっていれば、1ブロック向こうの別の店に行けば良い。

何店かでブロックを作って、何曜日どこの店が休み、或いは24時間営業を中止すると言う風にすれば、損害は最小に抑えられると思うのですが。
それでも、24時間を強行するというのであれば、本部から正社員を派遣して、24時間営業を支援すれば良い。
自分達が当事者では無いから、結果的に無理な営業を店側に押し付ける事になるのであって、実際に自分達が当事者として矢面に立たないといけないと言う話になるのなら、強硬な意見は影を潜めるでしょう。

結局、2代目、3代目になると、既にある事が当たり前になっていたから、創業当時の理念がどんどんおかしな方向に向いていって居るのでは無いかなぁと思うのですが。
初代の人達が店の人達と一緒になって作り上げていったものを平然と換骨奪胎して、儲けだけ重視するからこうなる。

人手不足になる一方で、こうした人間性を無視した経営は、今後株主からも批判が出される様になっていきます。
そうなると、今後こうした会社は成り立たなくなるのでは無いでしょうか。

消費者も24時間営業をするのを当たり前と思わない方がいいでしょう。
確かに、世の中には24時間仕事をしないと回らない業種もあります。
例えば、工場の稼働とか、インフラ関係の保守とか…。
でもコンビニはそれが必要とは思いません。

何しろ、私が子供の頃、24時間仕事をしていたのは自販機だけでしたから。
それでも、煙草とか酒の自販機は深夜販売が中止になりました。
近くの西友でも24時間営業をしていた時期もありましたが、今は終夜営業は逆に赤字か嵩むからか止めてしまいました。
そんなに多くの人が来る訳でもありませんし、その間の光熱費とか人件費を考えるとペイ出来ないでしょうね。

コンビニだって、今はどうか知りませんが、芦屋のコンビニは確か22時で閉店でした。
それでも別に困りはしませんでした。
正直、24時間営業を止めて誰がどれだけ困るのだろう。
例えば、社会実験で1ヶ月程度、24時間営業を中止してみれば良いんじゃ無いでしょうか。
それで問題が出る様であれば、何らかの対策を取れば良いでしょうし。
それこそ、働き方改革だと思うし、健康経営だと思うのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのトラックバック