春の一大事 in 黒部

画像

今日は朝から晩まで何らかの会議をしまくっていて、自分が予定している仕事が何も出来ていない。
出来れば、終日会議室とかに引き籠もって、誰にも邪魔されずに仕事をしたいのですがねぇ。

ついでに、ばっしょーのライブBlu-rayも全然見られません。
本編の方が短くて、特典付録の方が長いと言うある意味お得なBlu-rayなので、本編だけでも見たいのですが、何かドタバタして帰るのが遅くなるので、見る暇が無い訳で。
まぁ、土曜日は雪の中リハビリに出掛ける以外は温和しくしているつもりなので、その間に見られると言えば見られますが。

そう言えば昨日、ももクロ春の一大事2019の当落通知が来ていました。
結果は、土日とも当選してしまいました。
予定では片方当選して、もう片方落選するから、片方の日は小松にでも行ってこようと思っていたのですが完全に当て外れです。
まぁ、幸せな当て外れではありますが。

ここで問題になるのが行き帰りの交通手段と宿泊場所。
御仕着せツアーだと、行き帰りの交通手段も宿泊場所もきちんと確保出来ますし、会場まではシャトルバスなりで運んでくれるので非常に楽…なのですが、「旅行に出掛けるのなら、私も連れて行け」と言う親がいるので、今回ライブ参加者限定の御仕着せツアーには参加出来ません。

となると、行き帰りの交通手段をどうするかと言う問題が起きます。
取り敢ず、金土日で出掛けるか、土日月で出掛けるか。
会場は黒部市なのですが、富山県にモノノフが押し寄せるのは目に見えていますので、宿の確保は至難の業であろうことは想像に難くない。

周辺地区ならば、能登、金沢、立山、宇奈月温泉、糸魚川辺りが候補としてあげられますが、恐らく、富山県内は諦めた方がよさげ。
となると、金沢に宿泊するのがベターなのかなぁと思ったり。
金曜に小松まで空路入って小松でスポッターやって金沢泊り、土曜日と日曜日は黒部まで参戦して、帰りは富山まで戻って親と落ち合って新幹線で帰れば、自由席でも座れるのでは無いか、と。

親は金曜日と土曜日は金沢を散策するも良し、バスで能登に行っても良いし、日曜は富山を散策しても良し。
色々自由度は高まるかなぁ、と。
金沢からなら、バスで富山に出て、電車で黒部に行くとか、そもそも金沢発のツアーバスで会場まで乗り換え無しで行くと云うのも出来ますから、色々とつぶしが利きそうです。

まぁ実際にライブがあるのは4月なのですが、交通費が安いので今のうちに交通手段と宿を確保しないといけません。
しかし、親の方は期間によって交通費が変わるという概念が通用しません。
昔は交通費が変動しませんでしたからね。
なので、直前の天気を見て、晴天か曇天だったら行くけれど、雨なら行かないと言う事をしそうで怖いです。

まぁ、宿は何とかなりますけど、交通手段については、空路は安いけどキャンセルが効かないチケットばかりですからねぇ。
JRはJRで、イベントとかがあれば直ぐに指定席が瞬殺になるので、大宮から自由席なんてのはかなり高望みになりますし、それに何より高い。
大宮から新幹線だと片道1万3千円を超えますが、空路だと今の季節にチケットを取れば安いと9,000円で行けてしまいます。
ただ、親の方はJRが半額になる人なのでピンとこないのですよねぇ。
さて、どうしますか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック